漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)

logo アクセス お問い合わせ
HOME
院内調剤化粧品
漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)


漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)

当院の漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)は、低刺激性安定型ハイドロキノン(限界濃度7.4%)と、すぐれた保湿剤を調合した院内調剤医薬品です。このハイドロキノンは日本では、病院・医院での処方しか許可されていない強い漂白剤です。海外では広く使用され、その漂白効果は現在最も有効なものの1つです。
最近開発された低刺激性安定型ハイドロキノンは、肌への負担が少なくなりました。

※ 色素沈着(しみ)の治療としてピーリングローション,ビタミンCローション(イオン導入も有効),脂溶性ビタミンC原液(VC-IP),プラセンタ原液などとの併用で、他の治療法では期待できない優れた効果が得られます。ビタミンC剤の服用も有効的です。個人差もありますが数ヶ月の使用でかなりの方がしみがうすくなる効果を実感しています。
漂白クリーム
5g¥700
漂白クリーム(新安定型ハイドロキノンクリーム)の使用法

◎ 夜の洗顔後、ローションをお顔全体に塗った後、しみの部分に直接漂白クリームをうすく塗ってください。
◎ 保湿クリームや乳液は、漂白クリームを塗った以外の部分にご使用下さい。
◎ 朝は洗顔しクリーム成分を洗い流しましょう。
◎ 漂白クリームを使用後にお化粧して外出することはやめましょう。
◎ 漂白クリームを塗って顔が日に当たることは避けてください。
◎ 色素沈着(しみ)の部分はカバーマーク(コンシーラー)等で黒い部分が肌色になるようにしましょう。
 日焼けによって黒い部分は余計に黒くなります。特に紫外線の強い季節(5~9月)は要注意です。

コエンザイムQ10原液の使用法

特製容器に、ビタミンCローションもしくはトレハロースローション、ソマシーローションを2、3滴とりCOQ10原液を1滴加え、顔全体に伸ばしてご使用下さい。
さらにプラセンタ原液・ヒアルロン酸原液・脂溶性ビタミンC原液・スクワランオイルなども加えるとより良い効果が期待できます。

使用上のご注意

☆ 本品は必ず冷蔵庫保管してください。
☆ 冷蔵庫保管していただいて、購入日より約1ヶ月間、効能が保たれます。
☆ 本品は夜のみご使用ください。
※ お肌に合わない場合は、直ちに使用を中止してください。

ページトップへ