寒くて乾燥する季節の肌のお手入れ方法について|世田谷区の用賀皮膚科

logo アクセス お問い合わせ
HOME
ブログ
寒くて乾燥する季節の肌のお手入れ方法について

ブログ

2016年2月4日
寒くて乾燥する季節の肌のお手入れ方法について

最近は急に寒くなり、暖房がかかせません。やはり暖房のなかに長時間いると、お肌は乾燥します。他の季節と、同じお手入れではどんどんお肌は乾燥して悪化します。洗顔は普通でいいと思います。洗顔後にローション、乳液、クリームとすこし重ねて使用する位が丁度良いです。私も夏はさっぱりしたいので、ほとんど脂っぽい基礎化粧品は使いませんが、この冬の時期は、ピーリングローションをぬって角質のお掃除をして、ビタミンCローション2,3滴にプラセンタ原液、ヒアルロン酸原液、脂溶性ビタミンC原液、をそれぞれ1滴ずつ足して、さらにスクワランオイル2,3滴も加え、コエンザイムQ10クリームもすこし加え、すべてを混ぜ合わせて使用してます。これでも脂分が足らないと思う時はさらにスクワランオイルを3,4滴を顔全体に塗って、休みます。寝ている間も乾燥している空気に触れていますので、脂の膜で肌を守る事が重要です。まあご自分のお肌と相談です。むやみに脂分を塗りすぎると、ニキビになることもあります。特にニキビ肌の方はニキビができやすいTゾーンは脂分をあまりぬらない方がいいです。でも、目元、口元はどうしても乾燥しますから、そこにはニキビ肌の方でも脂分を塗るようにお勧めしています。お肌はひとそれぞれ違います。こうすればいいと言われても、自分の肌に合うお手入れかどうかは全く個人的な問題です。自分の肌と相談しましょう。やみくもに冬は脂を顔じゅうぬるのはニキビ肌の方には適しません。

お肌のお悩みのある方、どうぞお気軽に用賀皮膚科へいらして下さい。よりよい方法をご一緒に考えて行きましょう。よりよい物をよりやすくがもっとうです。自分で言うのもなんですが、良心的な皮膚科です。お待ちしています。

 

最近のおしらせ・更新情報
2016年2月
« 1月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
ページトップへ