秋の皮膚のお手入れについて|世田谷区の用賀皮膚科

logo アクセス お問い合わせ
HOME
ブログ
秋の皮膚のお手入れについて

ブログ

2015年10月20日
秋の皮膚のお手入れについて

すっかり秋になりました。紅葉の便りも聞かれます。乾燥する季節に向かっています。

まずはお顔のお手入れについて。

夏の紫外線のダメージを受けた肌をしろく、やわらかく、潤わせていかなくてはいけません。

ここできちんとお手入れしないとシミになったり、疲れたお肌になってしまいます。頑張りどころです。ここでお手入れした人としない人との差ができます。具体的にはどうするか。市販のほとんどの基礎化粧品は、保湿には力を入れています。それがうりですから。確かに良い基材を使ってのびが良かったり、のっかってる脂感で自分の肌が潤ったような気がしますが、カン違いです。表面的にべたべたとローションや乳液、クリームを塗る事では皮膚本来は潤ってはいません。顔を洗ってばさばさの本来のご自分の皮膚を感じませんか?あんなに毎日べとべとに塗っているのにどうして皮膚が潤わないのでしょうか?化粧品の成分が浸透していないからです。確かに蓋になる保湿のクリームは必要ですが、良いお肌にする成分を肌に浸透させて、そのうえで蓋をすることで保湿の意味があります。良いお肌にする成分を肌に浸透させるにはどうしたらいいのでしょう。具体的には濃度の濃い物を使用する事と、浸透しやすいように肌表面を活性化する事です。当院処方の化粧品、たとえばヒアルロン酸原液やプラセンタ原液、脂溶性ビタミンC原液、などは本当に100%原液を無調整でご提供しております。CoQ10クリーム、原液も市販の物の20倍くらいの濃度です。ビタミンローションは10%です。濃度の高い成分を使用してその上に保湿のオイルやクリームを蓋にすれば良潤いのあるお肌、透明感のあるお肌、つやはりのあるお肌、になれるわけです。どうぞお悩みのある方は当院へご相談にいらして下さい。

お体のお手入れについて。

乾燥する時期になるとお風呂上がりに足とかに粉を引いたようにしろくなる事があります。かゆみが出たりします。薬を塗る程ではない時でも日常ケアーとしてスクワランオイルやトレハロースローションをお風呂上がり、かゆみが出た時、かさつきwがひどい時、など薄く患部に塗りましょう。オイルだけだとべっとりした感触が好ましくありませんが、ローションと一緒に使用するとほどよくしっとりして感じのいい使用感になります。当院ではスクワランオイル50ccを500円、トレハロースローション200ccを500円でご提供しております。

お悩みのある方はどうぞお気軽にご相談にいらして下さい。スタッフ一同お待ちしております。

用賀皮膚科 事務長兼薬剤師 白井儀子

 

 

 

 

 

最近のおしらせ・更新情報
2015年10月
« 8月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップへ