夏の紫外線ダメージを受けた肌のお手入れ|世田谷区の用賀皮膚科

logo アクセス お問い合わせ
HOME
ブログ
夏の紫外線ダメージを受けた肌のお手入れ

ブログ

2014年9月4日
夏の紫外線ダメージを受けた肌のお手入れ

どうしても夏には紫外線を受けてしまいます。今頃の時期にとくに肌の疲れやくすみが気になるようになります。ここでのお手入れは特に重要になります。怠るとシミの原因になります。当院で処方する化粧品をお使い頂く事で、お肌のお手入れになります。つまり、ピーリングローションで角質をとり、ビタミンCローション、プラセンタ原液、脂溶性ビタミンC原液などで、くすみをとりのぞき、ヒアルロン酸原液やコエンザイムクリーム、でお肌に潤いをあたえる効果が期待できます。

また、ニキビ肌も汗をかく時期はいろいろの雑菌もあり、ニキビの炎症の原因になります。ニキビ治療は炎症にたいしては適切な外用薬が効果があります。ニキビ肌治療としては当院処方のピーリングローションで角質をうすくとり、皮脂の代謝を正常化していき、ビタミンCローションやプラセンタ原液やヒアルロン酸原液、ソマシーローションなどで、肌質改善して、色目も白くなり、肌もやわらかくなります。

肌の色々なお悩みをお持ちの方はどうぞお気軽にご来院、ご相談ください。

 

 

最近のおしらせ・更新情報
2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップへ